全国商工会議所女性会連合会全国大会(神戸大会)

 10月2日、神戸市において「第46回全国商工会議所女性会連合会総会」が開催され、全国329女性会1538名が参加し、上野からは会長・副会長2名が参加しました。

  「限りない可能性を求めて~兵庫・神戸から~」がテーマで、阪神・淡路大震災から20年を経て復興した姿を経て東日本大震災の被災地も、何年か後には必ず復興するというメッセージと東北支援の気持ちが込められています。また、「女性が活き活きと活躍し楽しく子育てが出来る地域の実現」を目指し、「行動する女性会」を世の中に強く打ち出そうと『神戸アピール』が採択されました。

 記念講演会では「日本の危機管理は万全か」と題して静岡県立大学グローバル地域センター特任教授の小川和久氏がご講演され、身近な災害や事故・国家の安全保障に至るまで日本の危機管理に対する考え方や対処方法を学びました。

 また、組織強化(会員増強)で上野商工会議所女性会は表彰されました。上野会が今後も会員増強につとめ、活き活きと活躍して女性かが活躍できる様に一生懸命考え行動に移していきたいと思います。

 次回は平成27年10月22日(木)23日(金)に石川県で開催されます。