米トレーサビリティ法の制定について

 米トレーサビリティ法は、米や米加工品の生産から販売までの各段階で取引の記録を作成し保存することと、米の産地情報を取引先や消費者へ伝達することを定めた法律です。正式名称は「米穀等の取引等に係る情報の記録及び産地情報の伝達に関する法律」であり、平成22年10月1日から施行されています。

 外食事業者をはじめ、恒常的に米穀の取り扱いをされる事業者は、取引等を行った際に品名・産地・数量・年月日・般出入の場所等についての記録を作成・保存することが義務付けられております。

 

 以下のホームページ・パンフレットをご参照いただき、対象事業者の皆様へはご理解を頂きますようお願い申し上げます。

 

 

米トレーサビリティ法について (農林水産省ホームページ)

パンフレット (PDF)

  • サイト内検索

  • 検定試験

  • コミュニティ情報プラザ

  • 2030年 未来への提案

  • 上野商工会議所ニュース

  • チラシ折り込みサービス

  • いがパートナーねっと

  • 企業ガイドブック

  • 上野商工会議所 青年部

  • 上野商工会議所 女性会

  • 伊賀学検定

  • NAVIGA

  • いがうえの 得する街のゼミナール

  • 伊賀上野逸品フェア

  • まちじゅう忍者文字の巻!

  • 商工会議所のヒミツ

  • 商工会議所のヒミツtwitter